FC2ブログ
プロフィール

境港市地域おこし協力隊

Author:境港市地域おこし協力隊
 
鳥取県境港市で「地域おこし協力隊」として活動しています。

伝統の特産物 “伯州綿 (はくしゅうめん)” の栽培や商品づくり、販路拡大に取り組み中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

伯州綿てぬぐい物語 〜第2話 パンツの行方〜

tenuguistory_top.jpg
これは、私たちにとって初めての商品「伯州綿てぬぐい」が生まれるまでの物語です。


〜第2話〜「パンツの行方」

夏が終わり実りの秋が始まるころ、いよいよ商品企画のプレゼンの日です。

企画まとめ役の岡部は地味に緊張をしており、何をやってもそわそわ…
この日は、ありがたいことにテレビ局の方が取材に来ていただいてまして、さらに口がぱっさぱさです。
綿ガールの岩田さんも硬直インタビューです(笑)
P1110316.jpg

そして始まった「伯州綿をつかった手ぬぐい」のプレゼン。
P1110300.jpg

商品名は、「妄想女子手ぬぐい in 鳥取」
ターゲットは、10代後半〜20代前半の地元女性。

そして、コンセプトは…
鳥取は進学や就職をきっかけに県外へ出ていく若者が多いので、その子たちが地元を離れても、ふるさとをそばに感じられる手ぬぐいを作ろう!新しい環境で出会い増えていくなかで、地元の話をするきっかけをつくるコミュニケーションツールにもなってほしいなと。

デザインは、鳥取の名産をモチーフに妄想をふくらませて、ちょっとシュールな感じに。
女子高生たちの独特な「カワイイ」を意識してみました。
P2086286.jpg


特産物の二十世紀梨に、おじさんがこっそりまぎれています。
P2086289.jpg


こちらは米子特産の白ねぎに洗濯物がかかっています。あ、パンツも♪
P2086295.jpg


さて、企画の紹介が終わり高島屋の皆さんから意見を伺いました。
ざっくり箇条書きにすると…

・米子高島屋の客層は50〜60代が多いが、ターゲットは若者のままでいいか

・パンツのモチーフは他になくておもしろいが、ターゲットによっては受け入れられないかもしれない

・自分の為に買う商品か、ギフトとして人に贈る商品か。

・顧客にとってのメリットは何か。 →どんな風に使ってほしい手ぬぐいか

自分たちでは気づかないことがいっぱいです!勉強になります!


綿ガールと地域おこしは、改めて企画を見直すことにしました。
打ち合わせ③

ターゲットは、10代後半〜20代前半の地元女性の「母親」に設定。
新生活が始まる娘のために、応援の意味も込めて贈るギフト商品になりました。

また、お客さんにとってのメリット、どんな風に使ってほしいか考えてみました。
そもそも手ぬぐいって使い方がわからないという人でも(ちなみに私も)、普段使いできるものにしたいなと。
布を使って、サイズの検証もしてみました。
手ぬぐい使用例

半分に折り畳むと正方形になり、ハンカチとして使える実用的な手ぬぐい。
タオル代わりやランチョンマットに使うときも、少し短めの方が使いやすいということになり、一般的な手ぬぐいよりもあえて約20cm短めでつくることになりました。

どっちつかずでぼんやりしていた企画が、スッキリはっきりしてきました!
くもり空が晴れた気分です♪


企画が落ち着いたところで伯州綿てぬぐい物語 第2話はおしまいです。
次回はいよいよデザインの回。みんなで描いたイラストが大集合です♪
乞うご期待ください。


伯州綿てぬぐいものがたりバックナンバー
○伯州綿てぬぐい物語 第1話 〜妄想女子〜
○伯州綿てぬぐい物語 第2話 〜パンツの行方〜
○伯州綿てぬぐい物語 第3話 〜全部つめこんで〜
○伯州綿てぬぐい物語 第4話 〜荷馬車はゆくよ〜
○伯州綿てぬぐい物語 最終話 〜ものがたりはつづく〜