FC2ブログ
プロフィール

境港市地域おこし協力隊

Author:境港市地域おこし協力隊
 
鳥取県境港市で「地域おこし協力隊」として活動しています。

伝統の特産物 “伯州綿 (はくしゅうめん)” の栽培や商品づくり、販路拡大に取り組み中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

あいのわ

私、しまだの地元である島根県安来市の「安来を知る会」の企画に
参加させていただくことになり

天野24

境港でもおなじみ、一反木綿のバッジの生地と型染めしていただいている
天野紺屋さんへ見学&藍染体験に行って参りました。

天野22
講師は若手作家「青蛙」として活躍されておられる5代目・天野尚(ひさし)さん。
京都の大学で染色を専攻、卒業後に祖父の圭(けい)さんのもとで学び、
糸染めの他に藍型染めの作品も多数。


天野紺屋さんは創業1870年。 
「広瀬絣」で知られる
島根県安来市広瀬町で現在唯一の紺屋さんです。
古くから糸染め専門の紺屋さんでしたが、今では藍型染めや服の藍染め、
藍染め体験も毎月行われています。


お店の中に入ると藍で染められた雑貨や小物が並びます。
天野20
天野19

天野18
入ってすぐ、正面には額入りの一反木綿、となりは安来の山奥に移住してきた夫婦の
結婚式の引き出物のてぬぐい。
ちょうど前日、たこ焼き器持ってこの夫婦の家を荒らしに行ってました(笑)
茅葺屋根の古民家を改装しながら暮らしている一家です(※1)

絣の布を使った収納というのかインテリア?すてき。参考にしたいなぁ。
天野17


そして工房はお店の奥にあります。
天野6
天野7

藍甕。
天野12

以前、取材中のカメラマンが誤って藍甕の中に落ちたこともあるそうです。
見学の際は気を付けてくださいませ。

藍の花(藍色の泡)これができると染色できるようになるそうです。
天野10

藍甕の中の藍。管理がとても難しいといわれますが、
戦時中もずっと守り続けられ、今日に至るそうです。
代々受け継がれ、守り育てられてきたもの。歴史と重みを感じさせる深い藍色です。
ひとつひとつの藍甕の中の藍はそれぞれに感情を持っているように感じられます。

4代目の天野融(とおる)さん。
天野9
このシャツもこちらで藍染め、織られたもの。すてき!

学生の頃より休みの日も関係なく毎日、ここで藍甕の湿度や温度の管理を任されていたそうです。
幼少時代、叱られてこの甕の中に閉じ込められたこともあったとか。
天野13

そのお父様であり先代の故・3代目天野圭さん
天野11
藍の熟成や型紙の研究を続けてこられ、文化庁無形文化財、勲六等瑞宝章など
数々の受賞歴のある方です。

糸の色見本。
天野21
天野8


隣の部屋には機械織りが並びます。
天野14
天野16
今でも現役!
藍のグラデーションが美しく、温もりを感じさせる織。
天野15

それでは、いよいよ藍染めの体験へ。
5代目・尚さんが藍染めについてわかりやすく、ユニークな説明してくださいました。
体験のわたしたちは服や手に藍が付かないようにカッパや手袋を装着。
天野2
今回わたしが持ち込んだのは伯州綿100%のガラ紡糸です。
天野3

体験用に用意してくださった藍染液の入った容器の中へ入れていきます。
天野4
(染色と撮影が同時にできず、様子の写真がなくてすみません)

藍は空気に触れると色が変わっていきます。
浸けては取り上げて絞り、空気に触れさせ、また浸けて・・・のくり返し。
回数を増やす度に色は濃くなっていきます。
天野5
天野28
ストール、ハンカチ、シャツ・・・みなさんの作品です!

天野26
伯州綿の糸も濃い藍色に染め上がりました。
深い愛情を込めてストールを織りたいと思います!
(只今、余子公民館近くにある手織り工房「藍慈彩」さんで織を勉強中です。)

今回の企画は安来市内の安来産食材を商品化している料理屋さんや
農産加工店などの有志で設立された地産地消の「フードチャレンジやすぎ」の方々の活動の一環でした。
天野23

地元で人気のレストランのシェフとして活躍する高校時代の同級生や(※2)
我が家(一人ですが)の食卓に欠かせない贔屓にしている醤油店さん(※3)も
メンバーに加わっておられたり、参加者の中には久しぶりに再会した人たちの姿もちらほら・・・。

藍でつながる、人との交流。 やさしくあたたかな連鎖が広がっていくのでありました。

藍染めを体験したあとは天野さんを囲んでみんなで安来で栽培された食材で作られたお弁当をいただきました!
天野27
(またまた、写真がなくてごめんなさい。せめてお品書きだけでも・・・汗)

ふるさとの味、ふるさとの文化を感じられて、しあわせな里帰りをしておりました。
地元安来の魅力を再発見した日でした。
だんだん!

しまだ

天野紺屋さん
http://amanokouya.com/
実は!5代目の尚さんは同じ高校の2学年先輩なのでした~
天野25

記事を読んで気になった方へおまけです。
(※1) 屋根裏開拓団https://ja-jp.facebook.com/yaneura
(※2) トリムhttps://www.facebook.com/torimu79
(※3) 大正屋醤油店http://www.taishoya.jp/
 

そしてそして、もうひとつ、安来市のイベント告知です!(まわし者ではございません)
今週末16日(金)~18日(日)まで清水寺の灯参道があります。
幻想的な灯りに包まれて、素敵な夜の時間が過ごせそうですよ。

安来市観光協会 
http://www.yasugi-kankou.com/index.php?view=6295

Comment

非公開コメント