FC2ブログ
プロフィール

境港市地域おこし協力隊

Author:境港市地域おこし協力隊
 
鳥取県境港市で「地域おこし協力隊」として活動しています。

伝統の特産物 “伯州綿 (はくしゅうめん)” の栽培や商品づくり、販路拡大に取り組み中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

伯州綿の布団で寝てみたい!~綿打ちの巻~

こんにちは!
仲里です。

だんだんと暖かくなってきましたね。
現在、伯州綿の畑は「畑じまい」の「枝抜き」作業の真っ最中です。(^_^;)

綿打1

綿打50



日中はポカポカ陽気ですが、
朝晩の冷え込みはキツくて、なかなか布団から抜け出せない状況が続いています。"(-""-)"



さっ、ここからタイトル通り布団の話題です。


皆さんはどんな布団で寝ていますか?

一般的に睡眠について言われることは、
一日の睡眠を8時間をとしたら、人生の三分の一を眠りに費やしていることになります。
そう考えると、寝具はとても重要なものですね。当然良い睡眠ができるものが一番かと思います。

ちなみに、私は羽毛布団を使っています。(^_^;)

綿に関わっている者なりに、「綿の布団」っていう選択肢はどうなのかなぁっと思いまして、このたび「伯州綿」で布団を作ってみようと思い立ちました!




それではタイトルコール!
「伯州綿の布団で寝てみたい!」~綿打ちの巻~
では、行ってみましょう。(^O^)/


ということで、
まずは、伯州綿の布団を作る現場に行ってきました!

綿打59



順番に紹介したいと思いますので、数回に分けてブログを更新いたします。
「綿打ち」→「布団の仕立て」→「伯州綿布団の感想」みたいな感じで進めていきたいと思います。





先ずは、「綿打ち」についてを簡単に説明いたします。

綿を収穫した後は、「綿繰り(わたくり)」という作業を行います。
「綿くり」とは、収穫後の綿の実を、「綿」と「種」に分ける作業です。
この時の綿を「繰綿(くりわた)」という表現もします。

綿打19

綿繰り機は、手動だったり動力だったりと使い分けます。
はい! これで「綿」と「種」に分けることができました。

綿打60





次に、「綿打ち」という工程に進みます。
この「綿打ち」が、今回のブログの主題です!(・∀・)


「綿打ち」とは、
ワタの繊維をほぐし、均等に広げていく作業です。
「繰綿」の状態ではワタの繊維が均等ではありません。

写真で比較してみましょう。
こちらは「繰綿(くりわた)」の状態。

綿打54


こちらは「綿打ち(わたうち)」された状態。

綿打58


見た目にも、均等、不均等が一目瞭然ですね。(^.^)



さらに「綿打ち」では、収穫時に混ざってしまう枯葉や、ゴミなども取り除くことが出来ます。
「綿打ち」することにより、その後の加工が行い易くなります。
糸にしたり、布団や衣服の中綿にしたり。
私達が日常的に使っている綿製品の多くは、加工される始めの工程として「綿打ち」が行われています。

綿打13

「綿打ち」の方法は、弓で綿を弾く方法や、機械で行う方法など、いくつか存在します。
このたびは、機械で行う方法を紹介していきます。

簡単にですが、「綿打ち」の説明は以上です!




それでは、機械で行う「綿打ち」の工程を見ていきましょう!( `ー´)ノ
実際、どのような機械で「綿打ち」されているのでしょうか?



ここは、境港市にある布団屋さん。
このたびは、こちらで「綿打ち」から「布団」の仕立てまでをお願いしました。


まずは、機械の全体を。
綿打の機械はこんなに大きいんです。
全体が写真に納まりませんね。"(-""-)”

綿打5


ここが、最初の段階です。ベルトコンベアの台に「繰り綿」を乗せていきます。

綿打22

トゲが付いた大きなローラーで、引っかけるようにして「繰り綿」が吸い込まれていきます。
この工程では、ワタをほぐしていく作業が行われています。
イメージとしましては、寝ぐせをクシで梳かしていくような感覚でしょうか。

綿打3


この工程で、綿に付いているゴミや葉片は落とされていきます。
この扉を開けると・・・・

綿打14

ほら、こんなに!

綿打15




ほぐされた綿は次の工程へ。
つぎの工程で、さらに丁寧に綿をほぐしていき、薄く引き伸ばしていきます。

ベルトコンベアにのりながら、綿が薄いシートにされています。
この状態を「ラップ」と呼んだりします。

綿打7


均等に打たれた綿は非常にフワフワな状態です。
「ラップ」に手を乗せても、「えっ?さわっているの?」って思うぐらいフワッフワです。

綿打26

この「ラップ」がベルトに乗せられ、移動して行きます。

この台の上に、シート状の綿が運ばれきて、四つ折りに畳まれます。

綿打28

さっ、シートが運ばれていきました。

綿打10

綿のシートを4つ折りに畳んいく作業なんですが、
なんと、人力ではなく、この台がカラクリのように動き、畳んで行ってくれます! (・∀・)

綿打40

パタン、パタン。
(カメラに収めるのが、難しい・・・)

綿打41

はい!
パタン、パタン。

綿打35

これで一枚のシートが完成です!

綿打11

このように、次々と「ラップ」が運ばれてきます。
一枚の「ラップ」は凡そ300gに仕上げていきます。

綿打12

まるで「雲」のようですね。

綿打52




これで、中入れ綿として使用できる状態になりました。
中入れ綿としては、布団や座布団、“ちゃんちゃんこ”、“半纏”などに使用されます。
また、均等に繊維が整っているため、手つむぎ糸の原料などに使用されます。

綿打16

ラッピングが施されて、出荷準備はOKです!(笑)

綿打17


綿打された「綿」は触っているだけで、暖かいです。
「繰綿」の状態よりも体積が増え、多くの空気を含んでいるからかなぁ。と推測できますね。

綿打56

ふわふわなので、何回も感触を確かめてしまいますね。(*^_^*)

綿打51


「綿打」後の綿は色々な用途がありますが、
このたびは、このシート状の伯州綿は布団の中入れ綿になります!

次回はこの伯州綿を布団に仕上げていく工程をご紹介いたします。



是非、ご覧ください。  m(__)m
ではまた!

フェイスブックも更新していますので、お見逃しなく!
境港地域おこし協力隊・伯州綿フェイスブック←こちらから

Comment

非公開コメント