FC2ブログ
プロフィール

境港市地域おこし協力隊

Author:境港市地域おこし協力隊
 
鳥取県境港市で「地域おこし協力隊」として活動しています。

伝統の特産物 “伯州綿 (はくしゅうめん)” の栽培や商品づくり、販路拡大に取り組み中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

”畑の準備”のあれこれ。

久しぶりの投稿です!

今年度も当然ですが、伯州綿を育てていきます!
日々の活動や栽培等をレポートして行きますので、宜しくお願い致します。

畑準備33

さて、前回の「畑じまい」が終わった後は、何をしていたかと言いますと、「畑の準備」を行っていました!

その一例を、足早にですが、紹介いたします!
では、スタート!


畑準備21

春といえば、青葉が燃ゆる季節ですね。
しかし、畑の準備のためには、元気な青葉達は大問題となります。

ですので、青葉達を、刈っちゃいます!

これからの季節は、除草がメインの作業といっても、過言ではありません。

畑準備22



畑準備27

一年畑を休ませてしまったら、雑草が伸び放題。通称”雑草達の繁華街”ですよね。

そんな荒れ地の草達も、刈っちゃいます!

ハンマーナイフと言われる、とても頼もしい機械です。
雑草が成長した荒れ地でも耕耘ができるまでに、整地をすることができます。

畑準備28


耕耘を依頼されたら、行っちゃいます!

この場所は、去年行った「てぬぐいひらひら」というイベントでお世話になった”海と暮らしの史料館”通称”海くら”です。
”海くら”さんでも、伯州綿を育てて頂いてます。
ここでは、毎年、保育園の園児たちが、伯州綿の種まきを手伝ってくれています。
今年も、元気よく育ってくれると、いいなぁなんて思いながら、耕耘完了!

畑準備11

畑準備10



畑準備8

綿の成長には適度な乾燥を必要としますが、雨が全く降らず、日照り続きは困りますよね。
そのような時には、散水が必要になります。
いざという時に散水ができなかったら、致命的です。

なので、試しのウォーター、撒いちゃいます!

エンジンポンプを使い、地下水を汲み上げて畑に散水を行います。
動作良好、散水範囲良し、準備は完了、日照りが来ても大丈夫!

畑準備7
畑準備9

畑のポンプが壊れて、地下水が使用できなくなると、非常に困りますよね。

ですので、畑のポンプも整備、修繕しちゃいます!

境港市がある弓浜半島は、浅い場所に地下水が流れています。
畑にポンプを打ち込み、地下水を汲み上げるということは、一般的に行われています。
そのため、境港の畑には、たくさんのポンプが打ち込まれています。
とても良いレトロ感があり、このポンプに馴染みのない方々には、新鮮に映るかもしれません。

ですので、レトロボーイ、レトロガールにオススメのスポットは、ズバリ ” 畑”  です!
(伯州綿畑もオススメです。)

畑準備41


今年度、こちらの畑では、マルチシートと防草シートを使用し、伯州綿の栽培を行います!
綿の成長を促進させ、除草の手間を減らすことはできないかとの思いからです。

期待通りの栽培できることを祈り、試しちゃいます!

畑準備29

まずは、畝の位置を均等にするためにメジャーで測り、マーキングを行っていきます。

印は、なんと畑付近に生えている、” セイタカ草 ”という雑草です。
使用できるものは、使っちゃう。  現地調達が基本なり。((笑))
ちなみに、畝は1m間隔に設定しています。

畑準備34

畑準備35

畑準備36

次に、管理機で畝立てをして行きます。
畝が曲がらないように、メジャーをガイドにして、慎重に管理機を走らせます。

畑準備45

畑準備46

はい、畝立ての完成です!

通常は、種まきを待つばかりですが、今回はマルチシートと防草シートを張っていくので、まだまだ ”畑の準備” は続きます。

畑準備31

マルチシートを敷き、風で飛ばないように、丁寧に土をかけていきます。

畑準備3

マルチシートが張れたら、畝の間の畦に防草シートを敷いて行きます。

はい、マルチシートと防草シートが張れました!


畑準備6

最後に、マルチシートに種を蒔くための穴を開ける作業を行います。
今回は30cm間隔で穴を開けていこうと思います。

そこで便利グッズが登場します。
この紐には、30cm間隔で赤い印がしてあります。
印を頼りに、穴を開けていくことにより、間隔を均等にすることができるというものです。
” 便利君一号 ” と名付けました!

畑準備14

畑準備48

はい、種蒔きの穴が綺麗に並びました!
あとは、種蒔きを待つのみです。

畑準備49


実は、こちらの畑は”赤ちゃんのおくるみ”のイベントが行われる場所なんです!

ここで、ご存じではない方のために説明をさせてください。

境港市が取り組んでいる、赤ちゃん”おくるみ”のお話を致します。

伯州綿栽培サポーターの方々によって収穫された綿は、伯州綿の”おくるみ”に加工され、境港市の赤ちゃん(新生児)に、市からのお祝いの品として贈呈されています!(・∀・)
そして、赤ちゃん”おくるみ”を受け取った親子は、次に”おくるみ”を受け取る親子のために、種まき・収穫に参加してもらう取り組みを行っています。
去年も、赤ちゃんたちにお手伝いをしてもらい、伯州綿の種まき、収穫を行いました。

今年度は、5月12日に種蒔きイベントを行う予定です!
ご興味がございましたら、ぜひ遊びにいらしてください!






P.S
運が良ければor悪ければ、小さき動物に会えるかも!!
感じ方は人それぞれですね♪ (小さく握手!)

畑の準備51


今後もレポートして行きますので、宜しくお願い致します。


フェイスブックも更新していますので、お見逃しなく!
境港地域おこし協力隊・伯州綿フェイスブック←こちらから










Comment

非公開コメント