FC2ブログ
プロフィール

境港市地域おこし協力隊

Author:境港市地域おこし協力隊
 
鳥取県境港市で「地域おこし協力隊」として活動しています。

伝統の特産物 “伯州綿 (はくしゅうめん)” の栽培や商品づくり、販路拡大に取り組み中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

待ってました雨!

昨夜、鳥取ではようやくまとまった雨が降りました。

日本中の農家の皆さんが困っていると思われる、今年の空梅雨。

基本的には水やりをしないで育てる伯州綿でさえ、もう限界寸前だったので本当にめぐみの雨でした。





ここから先は先週のお話しですが、晴れ続きだったので、このままでは枯れてしまう!ということで、地域おこし協力隊3年目にして初めての水やり作戦実行しました。


水やりといっても、蛇口にホースをつなげてシャ~ではなく、地下水を発動機で吸い上げて、長いホースを這わせるためにコマのような滑車を都度移動させる大がかりスタイルの水やり。



IMG_8838.jpg



午後からはじめたものの、予想以上に砂が水を吸ってくれません。


IMG_8833.jpg


たっぷり水をやったつもりでも、さすが砂地、表面だけが湿って中は砂漠のようにカラカラ。

とにかくゆ~っくりた~っぷりじ~っくり時間をかけて水を染み込ませます。



IMG_8850.jpg


ふと気が付くと、カラスが山に帰り夕焼けも沈みはじめていました。

伯州綿栽培サポーターさんの畑のほんの一角しか終わらせることができませんでしたが、終わりが見えないのでこの日の作業は終わりにしました。


IMG_8839.jpg



今週も降らなかったらどうなっていたことやら。

水やりの大変さを知って、雨のありがたさと大切さを再認識した空梅雨の一場面のお話でした。




岡部

アブラムシには牛乳を。

毎日蒸し暑い日が続いていますが、皆さん夏バテしてませんか?

今年は梅雨入りしたはずなのに、全然雨が降りませんね。


この時期、雨不足と同じくらい悩まされるのがアブラムシ。

葉っぱの裏について、くしゃくしゃにしてしまうのです。


IMG_8862.jpg


綿栽培において、百害あって一利なしのアブラムシ。

その対策として有効なのが、鳥取県民が愛してやまない「白バラ牛乳」

(あーーーーーーーー!!!!もったいなーーーーーーーーーーーい!!!!)心の声


IMG_8855.jpg



そんな贅沢牛乳を100~150倍の水で薄めて惜しみなく、アブラムシに噴きかけると・・・

からだ中が牛乳の膜に覆われて呼吸ができなくなり、葉っぱからぽとりと落ちる仕組みです。

農薬や化学肥料を使わず育てている伯州綿なので、殺虫剤を使わず牛乳で退治するのです。


P6090153.jpg



とにかく、かけてかけてかけ続けるのみ!




P6090016.jpg



この牛乳散布作業は、とにかくきつい!!
(肥料まきもきついですが)

P6090157.jpg


思いっきり肩にめり込んでくるので、どんな重さなのか気になってはかってみました。

噴霧器 9.5kg、さらに牛乳水 20~25kg

つまり背中に30~35kgを背負っていたのですね( ゜_ ゜)

こわいこわいこわい・・・肩と背中の筋肉がまたもや発達していく。




最後に、観賞用に育てているプランターにも忘れず牛乳を。


IMG_8798.jpg


どうかどうか、今年の厳しい夏をのりこえておくれよ。伯州綿さま




岡部

除草作業中の出会い

今年も始まった除草作業
畝間を管理機 愛称 たろうちゃん で雑草を漉き込みます
midistyle.jpg
株間をけずっ太郎
この子は本当にいい仕事しますよ
立ったままほうきのように雑草をかくだけ
31d5qz_m8dL__SY355_.jpg

そんな感じでいつも通り除草作業をしているときに
視線を感じて視線を下にやると
IMG_8780.jpg

なんとも可愛らしいネズミさんが!!
目が小さくて耳がぺたっとしていてネズミなのにしっぽが短い
ハタネズミとゆう種類だそう
大きさは5センチほど、逃げないし触らせてくれました(〃▽〃)
管理機で巣を掘り返したせいで外にでてしまったみたいです
ごめんね(;д;)

ネズミさんで癒されルンルン気分で作業をしていると
あいつが現れました…
あいつとは伯州綿の天敵でもあるネキリムシ!
やっと芽が出たと思ったら茎の根本の方を食べてしまう困ったさんなんですよね

出会ったら抹殺させていただきます
ネキリムシの写真は閲覧注意でございます↓





DSC_0012.jpg

ネキリムシとも戦いながらの農作業
伯州綿は可愛い芽を出しはじめました
補植用トレイのも順調に成長中です
P1110022.jpg
年々伯州綿への愛着がわいてきますね(/∀\*)

気候も暑くなったり冷えたりと安定しない日が続きますが
皆様体調を崩さないように気を付けてください<(_ _)>


西峰

鳥取のギフトができました。

こんにちは、岡部です。

早いものでもう6月。ジューンブライドの結婚式シーズンでもありますね。

結婚式の楽しみのひとつでもある引き出物は、最近ではギフトカタログが定番人気となっています。


せっかく贈るなら、ゆかりのある地域のものを!という郷土愛あふれるコンセプトで作られている 地元カンパニー【地元のギフト】 というカタログギフトがあるのですが、

今回、鳥取県カタログをつくることになり、境港の伯州綿にも声をかけていただきました!!


こちらが、完成した鳥取県パッケージです。生産者の背景が伝わる素敵な仕上がりです。

tottorigift.png

鳥取県のカタログギフトの中身はこちらをご覧ください。



今日は、このカタログがつくられる裏側のおはなしを少しさせていただきますね。


長野県上田市にある地元カンパニーとの出会いは2016年の9月。

全国コットンサミットというイベント出展で長野県高山村を訪問することになり、わたしの友人で地元カンパニースタッフの上野さんを会場へ招待したのがはじまりでした。

中央でなぜか境港が受賞した賞状をもっている人が上野さんです。

IMG_6311.jpg


この出会いをきっかけに、伯州綿と境港を大好きになった上野さん。

地元カンパニーブログで境港へのあつい想いを語っています。

●ジモカンブログ『鳥取のギフトが作りたいーーー!!!』





それから月日は流れ、取材があったのは日本海の北風吹き荒れる2017年2月。

はるばる長野県から、地元カンパニーの岡田さんと上野さんが境港へ来てくださいました!


寒さに凍えながら、顔面蒼白でギフトカードの撮影。


IMG_7954.jpg


今年鳥取は大雪に見舞われてどうなることかと思いましたが、なんとか撮影と取材を終えることが出来ました。


こうして出来上がった伯州綿ギフトカードがこちら。
念願かなってうれしいです。我ながらみんないい表情だとおもいます。


card_hakushumen-01.jpg



地元カンパニーのギフトカタログの特長は、商品を作る生産者にクローズアップするというスタイル。

カードには、おもて面に生産者の顔、うら面には生産者の想いが会話形式で載っています。



card_hakushumen-02.jpg


伯州綿のギフトページの詳細はこちらをご覧ください。


地元のギフトカタログは、引き出物だけでなく、結婚内祝い・出産内祝い・香典返し・法要・母の日・父の日など、様々なシーンでご使用いただくことができます。


人生の大切なシーンに、伯州綿のギフトはいかがですか?




~おまけ写真~

地域おこしを撮る岡田さんを撮る上野さんを岡部が撮った写真

IMG_7957.jpg



岡部