FC2ブログ
プロフィール

境港市地域おこし協力隊

Author:境港市地域おこし協力隊
 
鳥取県境港市で「地域おこし協力隊」として活動しています。

伝統の特産物 “伯州綿 (はくしゅうめん)” の栽培や商品づくり、販路拡大に取り組み中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

冬を越せるかな?「室内伯州綿」の巻

こんにちは!

新年初ブログですね。(*'ω'*)
本年もどうぞ、よろしくお願い致します!


まだまだ寒い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。



現在の伯州綿畑は、このような状態です。
葉っぱが枯れ落ち、スッキリしています。(;'∀')
ちょっとだけ、寂しげですね。

室内伯州綿6


次は、自宅の一室の写真を、ポン!

室内伯州綿14





ソファーの隣にあるのは、いつも主役の「伯州綿」です。(^^)
「室内伯州綿」です。(笑)

寒い冬でも、部屋の中では緑の葉っぱを付けてくれています。
この伯州綿は、昨年の5月に種をまき、綿がすべて弾けた10月頃に、部屋の中に入れて、観葉植物として楽しんでおりました!
(色々なイベント時に、持って行っていました♪)

室内伯州綿15

この青々としている状態は、いつまでもつのでしょうか。(';')
「生長」しているというよりは、「維持」していると表現した方が、正しいかもしれません。

このまま室内で、越冬をさせてみようと思っています。('ω')ノ

室内伯州綿16





話題は、
ちょっとだけ、小難しい話へ進みます。(^_^;)

「伯州綿の栽培」を説明する際は、
「5月に種をまき~7月に花が咲いて~8月にコットンボールが出来き~9月に綿が弾ける。」→
収穫を全て終えたら、綿の木を引き抜き、そして、翌年も「5月に種をまき~」というように、紹介しております。(;'∀')
(いつもの「栽培の流れ」ですね(^_^;))

つまり、「一年ごとに、新しい種を播く。」と紹介してます。

室内伯州綿3

ここからが本題です。
皆さんは「一年生植物」と「多年生植物」という言葉を聞いたことはありますでしょうか?

室内伯州綿1


「一年生植物」(いちねんせいしょくぶつ)とは、一年で世代を終える植物のことです。
対して、「多年生植物」(たねんせいしょくぶつ)とは、複数年にわたって生存する植物のことです。

熱帯の多雨地帯のように年間を通じて植物の成長が維持できる環境では、植物は一般的に「多年生植物」です。
そのため、熱帯地域では「多年生植物」ですが、温帯地域では「一年生植物」になる植物も存在します。
(ウィキペディアを参照)



現在、「伯州綿の栽培」を説明する際は、
「一年生植物」として紹介していますが、本来、綿は「多年生植物」に分類されるそうです。

室内伯州綿9


世界には、様々な「綿」が存在し、
「伯州綿」を含む「和綿」は、インド(温暖な地域)が原産といわれています。

四季がある日本の気候では、冬の寒さに耐えきれないため、「一年生植物」として扱われています。

室内伯州綿8


今回は、この「伯州綿」を越冬させて、「多年生植物」である断片をみたいと思います。(笑)


理想としては、今年の夏に、また「花が咲いて」→「実が出来て」→「綿が弾けること」です。(;'∀')
どうなりますでしょうかね・・・。

室内伯州綿10

冬は部屋の中でも楽しめる「伯州綿」!(まだ仮ですが・・・)

もし、この状態で越冬できましたら、
皆さんも、来期は一緒に「室内伯州綿」してみませんか?
( `ー´)ノ

室内伯州綿11


はい!
ちょっとした試みの紹介でした!

変化がありましたら、またお知らせしますね。

では、また!

フェイスブックも更新していますので、お見逃しなく!
境港地域おこし協力隊・伯州綿フェイスブック←こちらから

”てぬぐいひらひら” てぬぐい人気投票の結果発表です!

こんにちは!
11月2,3日に行われた”てぬぐいひらひら2019”では、てぬぐいの展示販売と同時に、
てぬぐいの人気投票が行われました!



てぬぐい人気投票の結果発表です!

てぬひら投票1

てぬひら投票4



こちらが今回お配りした「てぬぐい一覧」ですね。
150種類の中で、どの柄が人気だったのでしょうか!?

てぬいら2019パンフ2
てぬひら2019パンプ1


はたして、伯州綿で作られた「境港手拭」はランクインなるか?

てぬひら投票5



では行ってみましょう!
5位~1位の発表です!


第5位
「ゲゲゲの鬼太郎カラス」(もののけ本舗)

よ! 出ました。 ゲゲゲの鬼太郎!
とてもダイナミックな絵柄で、ぐっと引き込まれてしまいます。
闇夜の中、舞う鬼太郎。ゆっくりとゲゲゲの歌が聞こえてきそうですね!('ω')ノ

鬼太郎カラス


第4位
「ギガ鳥獣(其の弍)」(プレイオンワーズ)

昨年の「ギガ鳥獣(其の壱)」に引き続き、今年もランクイン!

夜空にきらめく星座と鳥獣たち。
運河の色合いが非常に綺麗で、不思議な世界観に引き込まれてしまいますね。
ひとりでに物語が進んで行っちゃいますね。(*^_^*)

ギガ鳥獣弐


第3位
「鉄線」(妖怪舎)

紫の花柄の中に、妖怪ぬりかべがチョコンと描かれているもので、なんとも可愛らしいです♪
よく見ると、目玉のおやじもいますね!
会場で足を止めた方も多かったのではないでしょうか。(^^♪

鉄線


第2位
「松葉ガニ」(SHIMATORI)

ここで「松葉ガニ」が登場!
アイボリーの地に、赤い「松葉ガニ」が三匹♪
なんだか、カニ自慢をしたくなる絵柄です。
版画タッチが、とても素敵ですね。(^.^)


松葉ガニ

第1位
「ベニズワイガニ」(境港手拭)

なんと、ベニズワイガニが選ばれました!
あれ?「松葉ガニ」と似てる?
いえ、似ていません!

”てぬぐいひらひら”3回目の開催にして、「境港手拭」が初めて1位を獲得しました!
良かった、良かった。やっと一安心。(*^_^*)
境港の特産品の「ベニズワイガニ」が中央に描かれ、上下にはカニのハサミや足が、リズム良く配置されています♪
ベニズワイガニが食べたくなってしまう、とても美味しそうな一枚が、堂々の第1位を獲得しました!
(カニみそ・・いや、手前みそで、すみません。(^_^;))

ベニズワイガニ


境港の特産品である絵柄が選ばれたのは、嬉しいことです。
まさか1位、2位まで「ベニズワイガニ」「松葉ガニ」とは思いませんでした!
皆様の地元愛に感謝です。

今回も、たくさんの個性的な「てぬぐい」が”てぬぐいひらひら”で展示され、皆様を楽しませたと思います♪
人気投票の結果、順位は決定しましたが、ご自身が選んだものが、それぞれの1番素敵な手拭いだと思います。(*^。^*)
是非、てぬぐいを楽しんで下さいネ♪

てぬひら6



ご投票頂いた方の中から、20名様に伯州綿でつくられた「境港手拭」(ベニズワイガニ)をプレゼント致します!
商品は発送をもって代えさせて頂きます。

ベニガニてぬ2

生地には「伯州綿」が含まれており、一般の手拭い生地に比べて、少し厚手です♪
伯州綿の魅力に、取りつかれちゃうかも(笑)
是非、大切に使い倒してくださいね。(・∀・)

伯州綿てぬ33

このたびは、人気投票にご協力頂き有難うございました!
今後とも、伯州綿を宜しくお願い致します!

ではまた!


👉”てぬぐいひらひら2019”様子はこちらから!

フェイスブックも更新していますので、お見逃しなく!
境港地域おこし協力隊・伯州綿フェイスブック←こちらから

”てぬぐいひらひら2019”が行われました!

こんにちは!

「てぬぐい」と「伯州綿」のイベント”てぬぐいひらひら2019”が11月2日、3日の二日間で行われました!
全国から集めた150枚を超える手拭いが境港市に集結し、多くの方にご来場いただいたイベントとなりました!

てぬひら6



”てぬぐいひらひら”では、てぬぐいの展示販売はもちろん、そのほかに伯州綿収穫体験、紙漉き体験、綿の木染め体験、綿くり体験、子供たちによる伯州綿の紙による作品展などを行い、伯州綿を身近に感じていただけるイベントとなったと思います!('ω')ノ

それでは”てぬぐいひらひら2019”の様子を写真で振り返っていきましょう!


まずは、”てぬぐいひらひら”が行われた会場の紹介から。
イベント会場は、境港市の港の近くある“海とくらしの史料館”という場所で行われました。
本来“海とくらしの史料館”は魚の剥製(はくせい)が展示されており、なんと、魚の剥製の展示数は日本一だそうです!

てぬひら2



水木しげるロードから歩いて7、8分、その歩いている間に境港の雰囲気を感じて頂ける時間となっています♪
港沿いで、心地よい潮風が解放感を引き立てます。

てぬひら55

てぬひら80



外観は白壁に覆われ、中庭は広々として、大きな木が一本植えられており、とても良い雰囲気の佇まいです。

てぬひら54

てぬひら52


“海とくらしの史料館”をお借りして(史料館ジャック!)、てぬぐいと伯州綿のイベントの“てぬぐいひらひら”を開催させていただきました。

てぬひら53


中に入りますと、まずは、150枚以上の手拭がお出向かえ、ひらひらしています。
さぁ“てぬぐいひらひら”の始まりです。


てぬひら34





青空のしたで、ひらひら~

てぬひら41

このたびは、「農と食」の柄を特集し、美味しそうな?”ひらひら”となりました!

てぬひら40

てぬひら48

”てぬぐいひらひら”の特徴は、”てぬぐい”を広げた状態で、間近に触れることができます!
そのため、一つ一つの”てぬぐい”の個性を、しっかりと見てもらうことができるイベントとなっています。('ω')ノ

お気に入りの”てぬぐい”は見つかりましたでしょうか?

てぬひら70

まるで、「てぬぐいの迷路」のようですね♪

てぬひら21




てぬぐい展示・販売のほかにも、盛りだくさんのイベントです!
会場の様子を紹介して行きます!


日替わりマルシェ

境港市やお隣の米子市の”おいしい”や”素敵なもの”が集まった、日替マルシェ。
てぬぐいや伯州綿にふれながら、ゆっくり食べたり、飲んだりと、「お花見」ならぬ、「てぬぐい見」を楽しめるのは、ここ境港だけです!

てぬひら16

てぬひら56

カレー、たこ焼き、スイーツ、ラーメン!
伯州綿製品や、弓浜絣の雑貨達!
賑やかな日替わりマルシェとなりました。







紙漉き体験

伯州綿の綿木から紙が出来ちゃいます!
紙がどのように出来上がるのか、体験を通して伯州綿を身近に感じていもらおうというのが、今回のもくろみ!
皆さん興味深々で、とても楽しんでいました。

紙漉き案内人は、みんなご存知、「綿の人”岩さん”」

てぬひら60

境港市では、伯州綿の木を利用して、賞状を制作する試みも行われているんです!

伯州綿の紙は、こちらのブログで紹介しています!
~伯州紙(仮名)、表彰状になる!の巻~

てぬひら61






綿の木染め

伯州綿の綿木を原料にした「綿木の染料」で、ハンカチを染めるワークショップを行いました。
出来上がりの模様を想像しながら、輪ゴムやビー玉を使って絞っていきます。

家族で相談をしながら、「ワイワイ、ガヤガヤ」。
なんだか、とっても楽しそう。( *´艸`)

てぬひら15

染め上がりは、ドキドキしちゃいます。
思い通りの模様になったでしょうか?

てぬひら18






ミニライブ

今回のミニライブは「しまだようこ」さんにお願いしました!
てぬぐいが”ひらひら”のひらめく中、素敵な歌声が響きます。

てぬひら20


境港の空のした、色とりどりの手拭いと、歌声と手拍子と。
何とも言えぬ一体感が会場をつつんでいました。
これも”てねぐいひらひら”でしか味わえないものですね。






ポストカード作り

伯州綿の紙を使用したポストカード作り。
スタンプやマーカーで自分だけの一枚に仕上げていきます!
親子で相談しながら、とても楽しそうです。

てぬひら27

てぬひら28





綿くり体験

収穫後の綿の実は、「綿くり」という作業で、「綿」と「種」に分けていきます。
その作業が「綿くり」と呼ばれます。
昔ながらの手動の「綿繰り機」を使い、「綿繰り体験」を行います。
こちらも、常に大盛況でした。

てぬひら29


子供も大人も”クリクリ、クリクリ”。
一度始めたら、止まりません。
やめられない、とまらない。 これが伯州綿の綿くり体験。

てぬひら10


てぬひら30






綿ベッド

伯州綿を詰めるだけ詰めたもの、それが「綿ベッド」
綿が”ギュウギュウ”。 綿が”パンパン”。
伯州綿は布団綿や中入れ綿としても評判が良いのです。
それを簡易的に体感してもいたいが爲の体験コーナー。

てぬひら7


歩き疲れたら、座ってください。 寝てみてください。
きっと疲れも吹き飛びます。(^_^)/






浜の綿つくり展

境港を含む弓浜半島の「綿つくり」を紹介した展示を行いました。(*^_^*)
多くの方に、「弓浜半島」と「伯州綿」の繋がりを、感じていていただける展示となりました。

てぬひら31

市民の方々から昔の道具をお借りして、展示をさせていただきました。

てぬひら75







伯州綿収穫体験

”てぬぐいひらひら”は「てぬぐい」と「伯州綿」のイベントです。('ω')ノ
伯州綿がどのように栽培されて、どのようにして収穫を行うのか、それを体感してもう企画が「伯州綿の収穫体験」です。

てぬひら68

てぬひら71

イベント会場から伯州綿の畑まで、マイクロバスで移動して、伯州綿の収穫体験を行いました!

空は少し曇り気味。(*^_^*)
秋の終盤ですが、まだまだ日差しは強いので、このぐらいが丁度良いですね♪
伯州綿の収穫日和でした~。

てぬひら63


収穫体験は防草シートが張られている畑で行いました。

伯州綿の感触を確かめます。
「綿」良し! 「種」良し!

てぬひら66

笑顔の絶えない「伯州綿畑」となりました。('ω')ノ

てぬひら67

てぬひら73



最後は、みんなで記念写真!
伯州綿と触れ合うと、自然に笑顔になりますね。(笑)

てぬひら69







伯州綿こども作品展

地元の子供たちが伯州綿の紙で素敵な作品を作ってくれました!
「うちわ」と「ランチョンマット」です!
自由で伸び伸びとした力作が揃います。

てぬひら8

描かれているものは、境港市にちなんだものや、大好きなもの。

てぬひら9







てぬぐい販売ブース


150枚以上のてぬぐいがズラっと並びます。

てぬひら23

来場者には、てぬぐいの展示販売をより楽しんでもらえるように、
「てぬぐい一覧表」をお渡ししています。
一覧を見ながら、「あれも良いな、これも良いな。」と悩んでいただいております♪

てぬひら26



こちらが今回、来場者にお渡しした「てぬぐい一覧表」です。


てぬいら2019パンフ2

てぬひら2019パンプ1

てぬひら12


”てぬぐいひらひら”では、てぬぐいの展示販売を行っています。
展示会場では「みんな仲良く”ひらひら”」が行われていますが、販売会場では「熾烈な争い”バチバチ”」が行われているのです。
まるで、”オリンピック”さながら! 
そう、ここは、 ”てぬぐいオリンピック” とも言い換えられるのです!( ゚Д゚)
(平和の祭典)

最後は仲良く、みんなで手を取り合って行きましょう!

てぬひら25






はい!
”てぬぐいひらひら2019”を振り返ってきました。

てぬひら55



ご来場いただいた方、有難うございました!
イベント開催にご協力いただいた方、有難うございました!
様々な企画が行われた”てぬぐいひらひら2019”は多くの方々にご来場いただき、大変賑やかなイベントとなりました。

このようにイベントを終えることが出来たのは、皆さまのご協力、ご支援があったからこそです。
主催者一同、心よりお礼を申し上げます。

手拭を通して、伯州綿をより身近に感じて頂けたらと思います。
m(__)m

てぬひら47






最後の最後に、
イベントでは伯州綿収穫体験や紙漉き、綿の木染など、伯州綿に関する様々なワークショップを行いました。
その中で強く印象に残ったことは、多くの方の笑顔や、伯州綿へ関心が絶えなかったことです。

てぬひら74

来場者の方から、「このイベントのために県外からきました。」、「毎年楽しみにしています。」などなど、様々なお声を聞くことができました。

しかし、その反面、境港市内でも「伯州綿」は、まだまだ周知されていないことにも改めて気付かされました。
このイベントを通して、地域の資源である「伯州綿」をより身近に感じていただけましたら、とても嬉しいです。

今後とも「伯州綿」を宜しくお願い致します。

では、また!

てぬひら70


フェイスブックも更新していますので、お見逃しなく!
境港地域おこし協力隊・伯州綿フェイスブック←こちらから


てぬぐいは、どうやって作られているのかな。~”てぬひら”あれこれ~

こんにちは!
”てぬぐいひらひら”が迫ってきています!

主役の手拭いたちも全国から、続々と集まってきています。
今回は「農と食」に関する柄が多く、とても美味しそう?な”ひらひら”になりそうです♪

てぬぐい展示

これからがイベント準備のラストスパートという感じです。
皆さまも”てぬぐいひらひら”宣伝のご協力何卒、宜しくお願います。



イベント情報を数回に分けて、紹介していこうと思います。
まずは、今回の主役である、手拭いについてです!
(*^_^*)

それでは、行ってみましょう!

皆さんは、「てぬぐい」と聞いたら、どんなことが「パッ」と思いつくでしょうか。
長方形、様々な柄、薄い布など。。
まだまだありそうですが、「縦長の布」、「様々な柄」という印象が特に強いのではないでしょうか。

「てぬぐい」が、どのようにして作られるのかの一例を、紹介していきたいと思います。


まずは、「てぬぐい」の生地が、どのように作られているかを紹介いたします。
「境港手拭」の製造をお願いしている工場の様子を見ていきましょう!

機織り1


「境港手拭」の生地は、昔ながらの織機で織り上げられています。
('ω')ノ

機織り6

こちらは、管に巻かれた「横糸」。
なんだか賑やかな感じがします。(*^_^*)

機織り2

工場の中は、「ガチャン、ガチャン。」と大きな音が響きます。

機織り3

職人さんの手によって、丁寧に織りあがっていきます。

機織り4





次に紹介しますのは、てぬぐいの染付け方法です。
様々な染付け技法が存在しますが、
「境港手拭」は、「注染」とよばれる昔ながらの伝統的技法で染付けが行われています。

注染とは、
日本の染色技法のひとつであり、主に手拭いに使用されています。
手拭いを一度に何枚も染めることができ、型や防染糊を使用し、染め上げる方法です。

てぬぐい作成 (11)

その工程を見ていきましょう!

手拭いは様々な柄や色で作成することが多いため、柄や色をクッキリと分けるための作業を行います。
先ず最初に、防染(ぼうせん)をするために糊を塗りつける作業を行います。

てぬぐい作成 (2)

てぬぐい作成 (13)

この作業を一枚一枚丁寧に行ってきます。
私も挑戦させてもらいましたが、とても難しい作業でした!
”サーッ”って感じにはなりませんでした。


次は、染色の工程に移ります。


先ほど、防染した生地を重ね、上から 「土手」 と呼ばれる防染糊で囲いをつくります。
 「土手」 は使用する色ごとに増やしていき、どんどん柄を囲って行きます。
まるでパティシエのような鮮やかな作業です。

てぬぐい作成 (5)

「土手」の中に染料を注いで行きます。

てぬぐい作成15

染が終わったら、「土手」を取り除きます。
生地が乗っている台には、バキューム機能がありまして、一気染料を下へ浸透させることができるんです。
この「土手」によって、色が混ざることを防ぐことができ、一度に何枚も染付けができてしまうのです。

てぬぐい作成 (6)

この技法により、表と裏も同じように染めることができるのですね。

この作業が終わったら、防染糊を水洗いで落として行きます。

てぬぐい作成 (12)

水洗い後の”てぬぐい”
何となく「銭湯」「温泉」というイメージが漂いますね。(*^_^*)

てぬぐい作成16

最後に陰干しを行い、染付けが完了です!

てぬぐい作成 (1)

足早にですが、”てぬぐい”の製作工程を紹介していました!
お付き合いありがとうございました。



最後に個人的な感想を。

”てぬぐいひらひら”は、全国からてぬぐいを集め、展示・販売をするイベントです。
展示をするため一枚一枚にアイロンをかけ、多くの”てぬぐい”に触れています。

その作業中に思うことは、
”てぬぐい”の個性は、「本当に様々なんだなぁ。」ということです。

てぬぐい展示3

”てぬぐいひらひら”では、”てぬぐい”を広げた状態で、間近に触れることができます。
それにより、”てぬぐい”の個性を、しっかりと見てもらうことができると、考えています。

大柄なものや、鮮やかな色使いのものは、遠くからでもその魅力が伝わります。
ですが、繊細な柄や素材感などは、直接触れることで、より魅力が伝わると思います。( *´艸`)


是非、会場に来て、思う存分違いを体感してください!m(__)m
お気に入りの”てぬぐい”を見つけてくださいね。('ω')ノ


では、また!


フェイスブックも更新していますので、お見逃しなく!
境港地域おこし協力隊・伯州綿フェイスブック←こちらから

伯州綿出荷! ~「おくるみ」になって帰っておいで~




こんにちは!

先日、「伯州綿」が出荷されました!

今回、出荷された「綿」は、昨年5月~12月を通し、「伯州綿栽培サポーター」さんによって栽培、収穫された大切な「伯州綿」です。
これらの「伯州綿」は、「おくるみ」に加工され、市内の新生児にプレゼントされることとなっています!

綿出荷11


このたびの内容は、「伯州綿収穫~綿くり~出荷」と、
境港市が行っている「伯州綿栽培サポーター制度」の取り組みを紹介いたします。

綿出荷5

この地域の方々にとっては、周知のこと!
ご存知のない方は、是非ご一読願います。m(__)m



それでは、行ってみましょう!


伯州綿の収穫時期は、8月下旬~12月いっぱいが一般的です。

綿出荷16

伯州綿を収穫したら、「日干し」を行います。
この「日干し」は、綿に含まれている「水分」を蒸発させる目的があります。
水分を飛ばすことにより、次の工程である「綿くり」をよりスムーズに行うことができるのです。

綿出荷15



「日干し」の後は、「綿繰り」をします。

「綿繰り」とは、
「綿」と「種」を分ける作業です。
手繰りと機械で行っています。

機械の全体はこんな感じです。

綿出荷7



ローラーから出てくる綿は、白くてフワフワ。

綿出荷8

とても綺麗です。
思わず、触ってしまいますね!

綿出荷9

これで、「綿」と「種」に分けることができました!

綿出荷12


で、この「綿」を「糸」にするため紡績会社に送ります。

袋に詰めたら、こんな感じです。

綿出荷11

なかなかこんな光景みられないですね。
「伯州綿」がいっぱい。

ふわっふわのふわ~。

綿出荷10

大型のトラックに積み込まれ、いざ、別れの時。
「おくるみ」になって、戻ってくるその日まで!

綿出荷14

こ、これは、まるで巨大な「いただき」みたいになりましたね!


*「いただき」とは
境港市・米子市に伝わる郷土料理です。
大きな油揚げの中に生のお米・野菜を詰めて、だし汁でじっくり炊き上げたものです。
ぜひ、食べに来てごせ~!
(食べに来てください。m(__)m)




はい!
流れを整理しますと、
「綿の収穫」→「綿の出荷」→「紡績会社」→「ニット工場」→「おくるみ」となり→境港市から「新生児」へプレゼント。となっています。





ここで、
「綿」栽培、収穫に大きく関わっている、
「伯州綿栽培サポーター制度」について説明をさせてください!
伯州綿事業には欠かせない取り組みです。


「伯州綿栽培サポーター」とは、
境港市農業公社が栽培する「伯州綿」の栽培を支えてもらう方々のことです!
市内の畑で、種まきから収穫まで1年を通して伯州綿の栽培を行います。
収穫された伯州綿は、すべて農業公社が買い取ります。

綿出荷4

ズバリ!
「伯州綿」栽培は、「伯州綿栽培サポーター」さんのおかげで成り立っています!
本当に有難うございます!
m(__)m

収穫された綿は、その後、「おくるみ」となり境港市内の新生児にプレゼントされています。
イラストを交えるとこんな感じです。

綿出荷6

はい、素敵な笑顔と伯州綿!

綿出荷13


「伯州綿栽培サポーター」さんを募集しています!
4月になりましたら、受け付けが始まります!



境港市農業公社(0859-47-1049)までお問合せくださいね。
伯州綿栽培を一緒に楽しみましょう♪



境港市が行っている取り組みは、順次紹介していきます!

ではまた!


フェイスブックも更新していますので、お見逃しなく!
境港地域おこし協力隊・伯州綿フェイスブック←こちらから