fc2ブログ
プロフィール

境港市地域おこし協力隊

Author:境港市地域おこし協力隊
 
鳥取県境港市で「地域おこし協力隊」として活動しています。

伝統の特産物 “伯州綿 (はくしゅうめん)” の栽培や商品づくり、販路拡大に取り組み中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

新年度がスタートしました。

こんにちは。協力隊の矢本です!


桜❶

桜❷


新年がはじまりましたね。
今日は久しぶりの雨模様です☔

さて、4月から我らが地域おこし協力隊に新しい仲間が加わりました。德毛 文孝(とくも あやたか)さんです。
境港の魚介と水木しげるに魅せられて、東京都内からご家族で移住して来られました。伯州綿がカニと水木しげるに
並ぶブランドになるよう尽力していきたいと抱負を語っておられます。
ご本人から伯州綿への思いなど、追ってお伝えしてもらいますね。

桜❸
❹


若手の(笑)戦力増強で、3人体制になった境港市の地域おこし協力隊です。今年こそは何とか収穫量の増加に
つなげていきたいと思います。皆さんよろしくお願いいたします。




❺

それから、市報4月号でもお知らせしていますが、現在伯州綿栽培のサポーターを募集しています。
サポーターとは、市農業公社の「伯州綿」栽培を支えていただく皆様のことで、市農業公社が指定する畑で種まき
から収穫までを行っていただきます。

❻

収穫した綿は市農業公社が買い取り、「おくるみ」や「ひざかけ」に加工して、市内で生まれた赤ちゃんや100歳を
迎える方に贈呈しています。

おくるみ2
〔赤ちゃんおくるみ〕

ひざ掛け2
〔ひざかけ〕


栽培区画は平場とマルチシート区画の2通りがあり、マルチシート区画は畝をマルチシートで覆うので除草作業の
負担が少なく初めての人でも参加しやすい区画になっています。


◇対象:栽培期間(5月~12月)を通じて責任を持って栽培のできる個人、グループ
◇栽培場所:文化ホール東側(中野町)
◇栽培面積:一畝(約20m)から希望による。※場合により畝数は調整する事があります。
◇買取価格:マルチあり区画 750円/㎏
        マルチなし区画1,500円/㎏

◎参加ご希望の方は4月25日(月)までに代表者氏名、住所、電話番号、参加人数、希望畝数、マルチ有無を、
境港市農業公社事務局(農政課内 ☏47-1049))までご連絡下さい。

❼

❽


日々の雑事も忘れて土に触れる時間はいいものです。
伯州綿栽培、一緒にやってみませんか?


伯州綿栽培だより ~8月の巻~

こんにちは!地域おこし協力隊の矢本成年と昌子です。

 12月に入り師走の寒さが続いていましたが、今週は少し暖かな日もあるようです。夏の忙しさからすっかり
「伯州綿栽培だより」の更新が止まっていましたが、心を入れ替えて(笑)振り返ってみたいと思います。


❶

 今年は梅雨明けも早く順調な滑り出しで暑くなってきました。8月の中海TVの取材は4日にあり、今回の
テーマは「摘芯」。ほのまる・岡田さんの畝は順調に育っています。

❸

初めはぎこちない手つきで綿木の先端を摘み取られていましたが、一畝(約40本)終わる頃には慣れた
手つきに変わって行きました。岡田さん上手ですよ~。

❷

❺



 ところが8月9日鹿児島に上陸した台風9号が中国地方を縦断し、またもや綿畑は被害を受けました。
畑は水浸し、綿木は折れたり倒れたり…にもかかわらず、花芽やコットンボールは思いの外しっかりと
付いたままで、その健気さに涙が出そうでした。その後18日頃まで長雨は続き、綿木の修復作業にも
かなりの時間を要しました。

❻

❼



 そうそう、夏の暑さを予想して今年はサマータイムを導入してもらい、8月はAM6:30~PM2:30までの
勤務でしたが、雨が多くて月の半分は畑に出れない有様…なんてこっちゃ💦


 そんな中週末の21日の早朝、市役所の有志の方々が伯州綿畑の除草のお手伝いに来てくださいました。
恒例の事とはいえホンマに有難いことで感謝一杯です。

❽

❾



❿

 夏休み明けの渡小学校3年生の紙すき授業に備えて、紙すきの素紙作りも2度目!青谷で砕いてもらった
綿木を子供たちが紙すきしやすいようにミキサーで撹拌しておきます。楮を溶かす作業も手際よく出来るように
なってきました。子供たちは大喜びの一日でした。

⓫

⓬

⓭



⓮




てぬぐいひらひら 人気投票発表!

こんにちは。協力隊の矢本です!!

寒くなりましたね。今日から12月… 今年も残り少なくなりました。
一年一年月日の過ぎていくのが早く感じるようになりました。これって年のせい?💦

さて、10月30日(土)・31日(日)に開催した『てぬぐいひらひら2021』では、手拭の展示・販売と併せて
恒例の人気投票が行われました。今年も境港手拭の新作が発表されました、“弓ヶ浜~白砂青松~
(2バージョン)”の結果はどうだったでしょうか……?

ブログ①


まずは展示したてぬぐいの一覧は次の通りです。
今年も色とりどりのステキなてぬぐいがたくさん集まりました。

パンフ①
パンフ②


それでは遅くなっちゃいましたが…
『てぬぐいひらひら2021』人気投票結果発表!!
―第5位から第1位まで


第5位
「ベニズワイガニ」(境港手拭)


昨年2位のベニズワイガニが今年もランクイン!
根強い人気の同柄ですが、冬に向かってカニ柄は食欲をそそり、食卓を彩ってくれそうです。

5位❶



第4位
「魚っとりてぬぐい」(スタジオづるり)


鳥取を代表する産業の『お魚』をモチーフにしたてぬぐいです。色んな種類のお魚たちが勢揃いして、
今にも踊り出しそうな雰囲気が一杯です。

4位❶



第3位
「ゲゲゲの鬼太郎 カラス」(もののけ本舗)


昨年の同点4位からランクアップ!「ゲゲゲの鬼太郎」は根強い人気ナリ。
大勢のカラスたちと一緒に鬼太郎はどこに行くのでしょうね? 島根半島の向こうのカラスの
ねぐらに遊びに行くのかな?

3位❶



第2位
「鉄線」(妖怪舎)


初夏に咲く美しい花“鉄線”の中でぬりかべがユーモラスな表情で佇んでいます。
綺麗な図柄ですね。よ~く見ると目玉親父も顔を出していますよ。

2位❶



第1位
「弓ヶ浜~白砂青松~」(境港手拭)


堂々の第1位は、今年の新作「弓ヶ浜~白砂青松~」が選ばれました。やりました!!
弓浜半島からのぞむ秀峰大山、浜辺に打ち寄せる波、境港の原風景そのものの図柄が第1位に
輝きました。地元愛を強烈に感じる結果となりました。

1位朝❶
1位昼❶



ブログ④



今回も前年と変わらず全国の21事業者さんから134種類の手拭をご提供いただきました。このうち約半数は新柄で、
てぬぐい業者さんの努力と頑張りを感じた次第です。

二日目の10月31日(日)は衆議院議員選挙や他のイベントも重なり来場者の減少も心配しましたが、二日間天候
にも恵まれ、多くの方々に楽しんで頂けたと安堵しています。

来場された方からのお声の中に、このイベントが境港に定着し、楽しみにして頂けていると感じました。課題を改善し、
一層より良いものとなるよう努めたいと思います。

ブログ②-1


また、人気投票にご協力いただき有難うございました。
今回はご来場いただいた方の中から抽選で10名様に境港手拭の新作「弓ヶ浜~白砂青松~」柄をプレゼント♪ 
賞品は発送をもって代えさせていただきます。


ブログ➄

伯州綿栽培だより ~7月の巻~

 こんにちは!地域おこし協力隊の矢本成年と昌子です。

 振り返ると7月は大雨が降りましたね。すごかったですね~☔☔

大雨警報発令中④(7月)

梅雨の終わりの7月7日~9日と12日の2回、1度目は松江や鳥取に線状降水帯が発生し、雷を伴った大雨が降りました。
近所の細い川は今にも溢れそうになり、市内では床上・床下浸水が発生したとか…。

大雨警報発令中➄(7月)

大雨警報発令中①(7月)

大雨警報発令中③(7月)

大雨警報発令中②(7月)

当然の如くほ場は水浸し!昨年の二の舞か…との思いもよぎり、暗澹たる気持ちにもなりましたが、短期集中の大雨が
止んだ後は例年より10日以上も早く梅雨明けとなりました。


 そんな大雨にも負けず伯州綿の花は順調に開花の時期を迎え、今年も可愛い顔を見せてくれました。今年こそ
たくさんのコットンボールが弾けて、一杯収穫出来たらいいなぁ~!

開花状況③(7月)
開花状況①(7月)
開花状況②(7月 )




 大雨の後畑が乾くのを待って、昨年と同じく2回目の土寄せも行いました。2台の管理機で6月に続く作業です。
土寄せは直線で一発勝負、痕跡がしっかりと残ります。性格は真直ぐなはずなのに、なぜか…

2回目土寄せ①(7月)

2回目土寄せ②(7月)



 畑での作業の合間をぬって、伯州綿の栽培プランターを置いて頂いている公民館や綿講座の図書館に巡回視察
に出かけています。

公・図巡回②(7月)

公・図巡回③(7月)

 夫々の設置場所によっては日差しがきつすぎたせいか葉が弱ってしまったものもありましたが、小さいながらも
精一杯成長しているようで愛おしいです。花芽も出来て来て、8月に入ったら咲いてくれるでしょう~。

公・図巡回④(7月

公・図巡回①(7月



 今月の中海TV情報バラエティ番組『パルディア』の取材は6日にあり、ほのまる・岡田さんの挑戦は
「間引きと追肥」。

はのまる②(7月)

先月2~3本に残した綿木を1本にし、株間に綿実油粕を撒いてもらいました。今回1本にするにはまだ早いかなー?
という感じもしましたが、次回取材の8月になってからでは遅いので、通常よりかなり早めで作業してもらいました。
追肥がじわじわと効いて大きくなってほしいです。

ほのまる①(7月)

ほのまる③(7月)

伯州綿栽培だより ~6月の巻~

こんにちは!地域おこし協力隊の矢本成年と昌子です。

今年度の新たな取り組のもう一つに、市内の公民館(7か所)と伯州綿の花から取り出した酵母で商品開発をしておられる
山本製麺所(朝日町)に伯州綿の栽培プランターを設置して、市民の皆さんに成長を見て頂くことにしました。
6月21日(月)8カ所全てに設置しおわりました。これからの夫々の成長が楽しみです。

プランター設置②(6月)

プランター設置①(6月)

プランター設置③(6月)




キャンドルナイト③(6月)

 6月19日(土)、昨年は新型コロナウイルスの感染拡大防止を受けて開催を見送られた『キャンドルナイト in 境港』に
初めて参加。14の協力団体が集まり、環境にやさしい暮らしのあり方や暮らしを見直すきっかけになるよう願って開催
されています。
2003年から全国的に始まったこのイベントも今年で通算25回目の開催。身の回りの電気やプラスチックごみについての
トークやコンサートもあり、地域に根付いた催しとなっているように感じました。

キャンドルナイト(6月)

キャンドルナイト②(6月)



 それから、新しいことといえば、伯州綿の花から取り出した酵母を使った中華まんじゅうが開発され、6月29日(火)に
伊達市長出席の下報告会が開催され、伯州綿栽培の一員として地域おこし協力隊の私達も臨席させて頂きました。
このプロジェクトは境港市・伯州綿利活用研究会・山本製麵所・鳥取大学が共同開発したもので、伯州綿の花から
取り出した酵母(ラカンセア酵母―伯州綿境港酵母SKNS-1号)を使って3種類「かに、豚、あん」の中華まんじゅうが
出来上がりました。これまでのパン酵母(サッカロマイセス)とは全く違う酵母で、ヨーグルトの乳酸菌のように乳酸を
作るのが特徴で、もちもちとした食感がたまりません!! 
毎月第1・第3土曜日に試験販売中で、秋から本格的に販売予定との事です。
皆さんも一度ご賞味あれ!

中華まん①(6月)

中華まん②(6月)



通年企画の中海TV情報番組『パルディア』の取材は順調に進んでいます。今月は「草取りと間引き」でした。
背の高いほのまる・岡田さんは、立ったりしゃがんだりの繰り返しで、足は筋肉痛になったかも……

ほのまる③(6月)

ほのまる①(6月)

ほのまる②(6月)