FC2ブログ
プロフィール

境港市地域おこし協力隊

Author:境港市地域おこし協力隊
 
鳥取県境港市で「地域おこし協力隊」として活動しています。

伝統の特産物 “伯州綿 (はくしゅうめん)” の栽培や商品づくり、販路拡大に取り組み中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

冬を越せるかな?「室内伯州綿」の巻

こんにちは!

新年初ブログですね。(*'ω'*)
本年もどうぞ、よろしくお願い致します!


まだまだ寒い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。



現在の伯州綿畑は、このような状態です。
葉っぱが枯れ落ち、スッキリしています。(;'∀')
ちょっとだけ、寂しげですね。

室内伯州綿6


次は、自宅の一室の写真を、ポン!

室内伯州綿14





ソファーの隣にあるのは、いつも主役の「伯州綿」です。(^^)
「室内伯州綿」です。(笑)

寒い冬でも、部屋の中では緑の葉っぱを付けてくれています。
この伯州綿は、昨年の5月に種をまき、綿がすべて弾けた10月頃に、部屋の中に入れて、観葉植物として楽しんでおりました!
(色々なイベント時に、持って行っていました♪)

室内伯州綿15

この青々としている状態は、いつまでもつのでしょうか。(';')
「生長」しているというよりは、「維持」していると表現した方が、正しいかもしれません。

このまま室内で、越冬をさせてみようと思っています。('ω')ノ

室内伯州綿16





話題は、
ちょっとだけ、小難しい話へ進みます。(^_^;)

「伯州綿の栽培」を説明する際は、
「5月に種をまき~7月に花が咲いて~8月にコットンボールが出来き~9月に綿が弾ける。」→
収穫を全て終えたら、綿の木を引き抜き、そして、翌年も「5月に種をまき~」というように、紹介しております。(;'∀')
(いつもの「栽培の流れ」ですね(^_^;))

つまり、「一年ごとに、新しい種を播く。」と紹介してます。

室内伯州綿3

ここからが本題です。
皆さんは「一年生植物」と「多年生植物」という言葉を聞いたことはありますでしょうか?

室内伯州綿1


「一年生植物」(いちねんせいしょくぶつ)とは、一年で世代を終える植物のことです。
対して、「多年生植物」(たねんせいしょくぶつ)とは、複数年にわたって生存する植物のことです。

熱帯の多雨地帯のように年間を通じて植物の成長が維持できる環境では、植物は一般的に「多年生植物」です。
そのため、熱帯地域では「多年生植物」ですが、温帯地域では「一年生植物」になる植物も存在します。
(ウィキペディアを参照)



現在、「伯州綿の栽培」を説明する際は、
「一年生植物」として紹介していますが、本来、綿は「多年生植物」に分類されるそうです。

室内伯州綿9


世界には、様々な「綿」が存在し、
「伯州綿」を含む「和綿」は、インド(温暖な地域)が原産といわれています。

四季がある日本の気候では、冬の寒さに耐えきれないため、「一年生植物」として扱われています。

室内伯州綿8


今回は、この「伯州綿」を越冬させて、「多年生植物」である断片をみたいと思います。(笑)


理想としては、今年の夏に、また「花が咲いて」→「実が出来て」→「綿が弾けること」です。(;'∀')
どうなりますでしょうかね・・・。

室内伯州綿10

冬は部屋の中でも楽しめる「伯州綿」!(まだ仮ですが・・・)

もし、この状態で越冬できましたら、
皆さんも、来期は一緒に「室内伯州綿」してみませんか?
( `ー´)ノ

室内伯州綿11


はい!
ちょっとした試みの紹介でした!

変化がありましたら、またお知らせしますね。

では、また!

フェイスブックも更新していますので、お見逃しなく!
境港地域おこし協力隊・伯州綿フェイスブック←こちらから

「弓浜半島の成り立ち~伯州綿と砂州~」の巻!

こんにちは!

今年も残すところ、あと僅かとなりました。
皆さま、いかがお過ごしでしょうか。
私は、来年のことを考えながら、ソワソワしています。(笑)



今回は、「弓浜半島の成り立ち」と「砂州」がメインの話題となります。('ω')ノ
何卒、お付き合い願います!


いきなり、メインの話題からそれますが・・・・、
最近の私のブームは、弓浜半島(きゅうひんはんとう)に出来つつある「サイクリングコース」を走ることです!

潮風に吹かれ、白波が立ち、大山(だいせん)に向い鼻歌混じりに、自転車をこぐ♪
晴れの日にはもってこいの、気分転換となっております!

弓浜半島の成り立ち10

自転車に乗りながら、ふと思うことは、弓浜半島の綺麗さです。
名前の通り、「弓なりに砂浜が続く半島」♪
「サイクリングコース」を走っていると、その綺麗さが良くわかります。



こちらは島根半島からの航空写真。
綺麗に「弓なり」♪

弓浜半島成り立ち31



更には、大山の山頂からの眺め。
こんなに弓形なんですね♪
ここまでくると、かなり弓浜半島マニアですね。(;'∀')

弓浜半島の成り立ち16








眺めも素晴らしいですが、この「弓浜半島の成り立ち」も魅力的です。

弓浜半島は「砂州で形成されている。」とは、良く耳にします。
そして、この「砂地」のおかげで、「綿」の一大産地となったとも言われています。


どのようにして、綿作に適した土地「弓浜半島」が形成されたのか見ていきたいと思います。
弓浜半島の「砂地」にクローズアップです!

弓浜半島成り立ち36

私が暮らしている弓浜半島の成り立ちを調べていくと、非常に興味深い内容でしたので、皆様に紹介したいと思いました。(*^_^*)
是非、お付き合いください。






では、行ってみましょう!

前置きとして、「弓浜半島」はここにあります!(笑)
「日本」→「鳥取県」→「弓浜半島」

当然、伯州綿ファンはご存知ですよね。(笑)( `ー´)ノ

弓浜半島(日本地図位置)
(画像はGoogleEarthより作成)


弓浜半島の成り立ちについて、『境港市史』には、このように書かれています。

「中海と美保湾を分ける弓ヶ浜半島は、長さ約18㎞幅約4㎞の全国でも珍しい大規模な砂州と砂丘からなる半島で、地質的には第四紀層に属する沖績地である。」

半島の形成は、主に日野川による砂礫の供給、海面水位の変化、気象変化(海流、波風、洪水など)の影響により、現在の「弓の形」に至ったとされています。


図で説明すると、このような具合です。

弓浜半島成り立ち1
(図は『弓浜半島とその周辺』を参考に作成)

沖積層とは約2万年前の最終氷期最盛期以降に堆積した地質学的には最も新しい地層だそうです。
では、どのように「綺麗な弓の形」が作られていったのか年代順に見ていきましょう!

*「弓浜半島成り立ち」については、『境港市史』のなかで紹介されている佐々木謙氏の研究をもとにご紹介いたします。
(図は佐々木謙氏『弓浜変遷説明図』を参照しています。)


【縄文前期】
点線は、現在の弓浜半島を現したものです。
このころは、半島は無かったようです。

弓浜半島成り立ち2



【縄文期】
徐々に、砂礫が堆積し、島が出来ています。

弓浜半島成り立ち3



【弥生期(古墳・大和期)】
島や半島が広がり、伸びています。

弓浜半島成り立ち4



【奈良期】
もうそろそろで繋がりそうです。

弓浜半島成り立ち5



【平安期・鎌倉・南北朝・室町】
長い年月をかけ、「夜見嶋」は、日本列島とつながりました。

弓浜半島成り立ち6



【戦国・江戸中期】
ようやく、このあたりで現在の「弓浜半島」が出来てきました。

弓浜半島成り立ち7



こうして見ていくと、300~500年前頃に「弓の形」が作られたようです。
数々の条件が、合致して今の「弓浜半島」があるのですね。
まさに奇跡の半島!

うぅ~ん。
非常に感慨深いものがあります。(^_^;)

弓浜半島成り立ち31


このようにして「弓浜半島」は、「砂州」で形成されたのですね!(*^_^*)










ようやく、伯州綿の話題に戻ります。(笑)

この「砂地」が、綿の栽培に適していると言われています。


綿栽培における「砂地」の優位性は、『鳥取県の棉花』には以下のように記載されています。

「砂質は水はけが良いため、肥料の分解が早くなり、それゆえ綿は早熟となる。
さらに砂地からの反射熱により吐絮した棉花は繊維の撚曲が強くなる。
これにより弾力を増し、良い品質の綿が 生産されるのである。」
(『鳥取県の綿花』より。)


弓浜半島成り立ち37


実際に畑で作業していると、砂地からの照り返しは、非常に強いと感じます。(;'∀')
このような特性を持つ「砂州」で形成されている弓浜半島だからこそ、綿栽培の適地となり、「伯州綿」の一大産地となり得たのですね。(^_^)/~




「弓浜半島の成り立ち」と「伯州綿の砂州」について簡単にですが、まとめてみました。(*'ω'*)


弓浜半島の成り立ち19





話は弓浜半島のサイクリングロードに戻ります♪


弓ヶ浜サイクリングコースは2020年4月までに全ルートが完成する予定です。
日本海と大山の両方を眺めながら走ることができ、砂浜や松林の中を走る変化に富んだルート。傾斜がほとんどなく、初級者でも気軽にサイクリングを楽しむことができます。

弓浜半島の成り立ち11

弓浜半島成り立ち30
(画像は「とりネット」より転用)

疲れたら、浜辺のベンチで、ちょっと休憩をしたり、
さらには、境港の美味しい「海の幸」も堪能できます♪

「来たれ!全国のサイクリスト!」
弓浜半島が、サイクリストの「あこがれの聖地」になる日も近いもしれませんね。(笑)

弓浜半島成り立ち35




ここまで、お付き合いくださり、有難うございました。m(__)m

「伯州綿」は、土地の利を利用して一大産地となったことを考えながら、弓浜半島の「サイクリングコース」を走っていると、歴史に思いを馳せ、色々なことが想像できます♪






本年も残すところあと僅かとなりました。
今年も様々な活動を行ってきましたが、これも皆様のご支援のお陰であり、大変感謝しております。m(__)m
来る年が、皆様にとって良い年でありますように。

来年も「伯州綿」を宜しくお願い致します!


良いお年をお迎えください。
では、また!

弓浜半島の成り立ち20

参考資料
「境港市史」
「弓浜半島とその周辺」

フェイスブックも更新していますので、お見逃しなく!
境港地域おこし協力隊・伯州綿フェイスブック←こちらから